モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2010年トルコにおける日本年「カリグラフィーの精神と世界展」のご案内 23:01

2月に開催される、2つの展示会のご案内です!
もぅひとつの 「第38回國際書道連盟展(2/20〜26)」 に関しては、コチラをご覧下さい。


2010年トルコにおける日本年
【 日本外務省後援 カリグラフィーの精神と世界展 】


トルコ展


  日時: 2010年2月18日(木)・19日(金)
        18日・木
(10:00〜17:00)/ yayoは基本的にずっと会場にいる予定です。
        19日・金(10:00〜16:00)/ 未定です。
        (これらの予定は全て確定ではありません。)
  場所: 在日トルコ共和国大使館 (東京都渋谷区神宮前2-33-6)

  主催: 日本外務省・国際交流基金・観峰文化センター・MG SCHOOL
  協力: 在日トルコ共和国大使館・在トルコ日本大使館


  ※入館無料。
  ※入館には上のご案内ハガキが必要です。 ハガキなしで入れる事になりました。
  ※CLOSEの時間が2日間異なります。日付の横の()をご参照下さい。
  ※この展示会は、「2010・トルコにおける日本年」を記念する文化交流事業の一環であり、
   東京・イスタンブール・京都の3都市をめぐる長期ツアーとなります。
   本展示会 以後の予定は以下の通りです。
   ・4月 〜 3ヵ月間: トルコ … Sakıp Sabancı Museum (サキップ・サバンジュ美術館)
   ・11月 〜 2ヶ月半: 京 都 … 観峰美術館

大使館での展示会への出品は、ルクセンブルグに続き2回目の挑戦です。
平日のお昼間のみ、しかもたった2日間なのですが、
ご都合のつく方はぜひお越しくださいね!
大使館に入る機会も、そうそうあるものではないですしね☆

yayoの在館予定は上記の通りですが、
あくまでも予定で、変更になる可能性があります。
お越しいただく場合には、ぜひ前日までにご連絡くださいね。
せっかくお越しいただくのですから、「ちょっと席外してた(涙)」なんて事がないようにしたいですから!
会場にてお待ちし、作品のご説明含めご案内させていただきます(^−^)**

以下、出品作品2点のご案内です!
 

***********************

◎出品作品1 「アララト山」
 書体:ゴシサイズド・イタリック体(本文)、 アンシャル体(タイトル)
 材料:紙(レザック裏)、ガッシュ、岩塩 ほか
 内容:ノアの方舟が漂着したといういわれのある、トルコの山についての説明
 言語:トルコ語

アララト山


 yayo's memo:
  大まかに分けて2つの内容です。
  本文の大半は「アララト山」という山についての説明。
  残りの残り3/4ほどは、ノアの方舟の伝説について書かれてあります。
  文字の傾斜を変え、色も少しだけ変えてあります。
  
  装飾らしきものは、「ペン先で描く挿絵」と「マーブリングの大きな文字」のみ。
  大の苦手のゴシサイズド・イタリック体で、製作には苦心しましたが、
  やっとゴシサイズド・イタリック体で「作品です」と言える物が書けました。
  苦手書体のコンプレックスから、作り始めてから、ほとんどの時間を練習に費やした作品です。
  yayoの成長(!?)ご覧くださいませ。
  (製作工程はコチラにまとめてあります。)


***********************

◎出品作品2 「アーティチョークのドルマ」
 書体:イタリック・チェンスリー体(本文)/ ローマンキャピタル・クワドラタ体(本文タイトル)/ 
     ローマンキャピタル・ビルトアップ体(縦タイトル)/ ドゥードゥル(縦タイトル内)/ フィリグリー
 材料:中性紙、ガッシュ、金箔、金粉 ほか
 内容:トルコの伝統料理「アーティチョークのドルマ」のレシピ
 言語:トルコ語

ドルマ


 yayo's memo:
  “アーティチョークに米などの詰め物をし、ブドウの葉で巻いて煮覚ましたもの” だそうです☆
  おいしいのかしら???

  赤い飾り文字から始まる前半は、赤い文字の材料を使った「詰め物の作り方」です。
  青い飾り文字から始まる後半は、前半に作った詰め物と青い文字の材料を使って、
  全体をまとめて、このお料理を仕上げる方法が記されています。

  縦に配したタイトルは、ドゥードゥルといわれるフィリグリー(糸のように細い模様)で埋め尽くしました。
  チューリップをはじめ、トルコのタイルのような色やデザインを取り入れて、
  “いかにもトルコらしい” といった雰囲気を目指した作品です。
  
  ご存知の方も多いと思いますが、超短期間で作り上げた作品。
  苦手書体と時間との闘いを制したのか制する事ができなかったのか、
  私のチャレンジを見てください☆
  (製作工程はコチラにまとめてあります。)


***********************

2点とも、2009年の秋冬をかけて、本展示会のために書き上げた新作です。
トルコ語でチンプンカンプン☆
イメージしながらでないと作れないため、訳文と見比べながらの作業でした。

そして2点とも、私の得意な(というより好きな?)種類の書体ではなく…。
苦しかったですー。
そのドタバタぶりは、このブログで製作工程をご報告していた中で、
みなさまにもバレバレですよね☆

いつもの展示会のように、2日間常駐することはできないかもしれません。
でも、できるだけ多くの方にお目にかかりたいです!
私以外の方の作品も、それはもぉ、すんばらしい物ばかり。
ぜひいらしてくださいね!
心よりお待ちしております♪

yayo  by "BOTTEGA YAYO"

| カリグラフィー展示会 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
posted by - | 2011/10/17 5:06 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://diary.yayo.ciao.jp/trackback/920453
<< NEW | TOP | OLD>>