モジ美人に憧れて

〜 カリグラファー(西洋書家) yayo の プラスアルファな日々 〜

カリグラフィー(西洋書道)、イルミネーション(写本装飾)、紋章デザインなど
ヨーロッパの伝統文字芸術に触れる喜びをお届けする
yayoこと西村弥生のブログです

キレイな文字はステキ女子のたしなみですわよ!


http://yayo.ciao.jp

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
「第38回 國際書道連盟展」のご案内 23:00

2月に開催される、2つの展示会のご案内です!
もぅひとつの 日本外務省後援 カリグラフィーの精神と世界展(2/18・19)」 に関しては、コチラをご覧下さい。

【 第38回 國際書道連盟展 】

連盟展

  日時: 2010年2月20日(日)〜 26日(金) 
        20日・土(13:00〜16:00)yayoは基本的にずっと会場にいる予定です。
        21日・日( 9:00〜16:00)yayoはAM10:00以降に会場にいる予定です。
        22日・月( 9:00〜16:00)未定です。
        23日・火( 9:00〜16:00)yayoはAM10:00以降に会場にいる予定です。
        24日・水( 9:00〜16:00)未定です。
        25日・木( 9:00〜16:00)yayoは午前中のみ会場にいる予定です。午後はいません。
        26日・金( 9:00〜14:00入場まで)未定です。
        (これらの予定は全て確定ではありません。)
  場所: 東京都美術館 (東京 上野公園内)

  ※入場無料。
  ※会場時間が日によって違います。日付の横の()をご参照下さい。
  ※毛筆による書道作品の展示会の一角です。

ほぼ2年に1度のペースで出品している公募展です。
トルコの展示会は、多くの方にお越しいただけるかわからない日程でしたので、
近すぎる日程ですが、出すことにしました。
「そういえば、あの作品はちゃんと見て貰っていなかったな…」という作品チョイス☆

2つとも、目の前でじーっくり見ていただきたい作品です。 (おっと、大きく出ちゃった)
初めてカリグラフィーをご覧になる方にも喜んでいただけそうな、
目に楽しい作品をそろえてみました。
上野公園内でアクセスも良いですし、お散策がてらぜひいらしてくださいね!

お越し下さる場合には、ぜひご連絡くださいね。
せっかくお越しいただくのに、入れ違いなどでは寂しいので・・・。
会場内は携帯電話は通じませんので、前日までにご一報を☆
作品のご説明含めご案内させていただきます(^−^)**
皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

以下、出品作品2点のご案内です!


***********************

◎出品作品1 「音階の由来」
 書体:カロリン体 ほか
 材料:中性紙、羽根ペン、ガッシュ ほか
 内容:ドレミの音階の由来となったグレゴリオ聖歌の一説と、イタリアの修道士グイド・ダレッツォについて
 言語:英語(本文)、ラテン語(楽譜)

音階


 yayo's memo:
  2009年の「ストラディヴァリウス・サミット・コンサート」の東京3会場にて行われました、
  yayoの個展『 第2回 文字の歴史展 』
のために作成した作品です。
  「見たかった!」という声をいくつもいただきましたので、今回出品することにしました。
  テキスト自体は、カロリン体の典型的なデザインの作品ですが、
  珍しい、4線譜のネウマ譜という楽譜を見る事ができます。
  歌はグレゴリオ聖歌の一説で、サンクテ・ヨアネス(聖ヨハネ)を讃える歌です。
  
  楽譜の冒頭のUTは、後日DOMINUSのDOに変化しますが
  飾り文字になっている赤い文字を辿ると、
  1音ずつ上がっている部分のイニシャルがDO・RE・MI・・・となっているのが
  お分かりいただけると思います。
  楽しんでくださいね!
  (製作した日の日記はコチラ


***********************

◎出品作品2 「スイスの高山植物」
 書体:12世紀のユマニスティック体(本文)、 ロンバルディック体(飾り文字)、ローマンキャピタル体(タイトル・他)
 材料:中性紙、ガッシュ、羽根ペン、白金箔
 内容:スイスの高山植物について、8つの花と共に
 言語:英語(本文&タイトル)、学名(花の名前の飾り文字)、ドイツ語(花の名前)

高山植物


 yayo's memo:
  2008年の夏の展示会のために作成し、出品した作品ですが、当時の展示が少し高いところで…。
  「見えないー!」や「飾り文字をじっくり見たかった。」という声が多く、
  私も、がんばっただけにもっと見てもらいたかったような…ねぇ☆
  と言うわけで、目の前で見ていただける(はずの)この展示会に出品することにしました。

  スイスの高山植物に関する説明の本文を取り囲むように、
  8つの有名な高山植物の名前を飾り文字にして配してあります。
  それぞれに、その花の挿絵を織り交ぜてデザインしました。
  ロンバルディック体の形状に、ぐるぐる渦を巻く植物を絡ませたりして、
  この時代に特徴的に見られる飾り文字のスタイルを、yayo風に☆
  一歩はなれてみていただくと、背景に何となくスイスの山の風景が見えると思います。

  たくさんの色を使って華やかに作りました。
  夏でもひんやり冷たい山の空気や、ずっと溶けない氷河をイメージして、
  ギルディングは金箔ではなく白金箔で。
  爽やかな夏のアルプスを感じてください。
  (全てではありませんが、製作過程はコチラ。2つ同時進行のドタバタをどうぞ☆)


***********************

自分でも見ていて楽しい作品を2つ。
新作は2つともトルコに集中させましたので、こちらはちょっと違う趣向で選びました。

ぜひいらしてくださいね!
今回は、会場にいられる日が少ないのですが、
展示会が2つ続くので、比較的ゆっくりお話できるのでは?と思っています。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしています♪

春はまだまだですが、毎年この頃には上野公園で今年一番のサクラが咲きます。
早咲きのサクラ。
毎年、その年で1番最初に私が目にするサクラは、ここのサクラです。
「ああ、今年も。」って思います。

ぜひおそろいでお越しくださいね(^−^)**


yayo   by "BOTTEGA YAYO"

| カリグラフィー展示会 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by カリグラファー yayo -
Comment








はじめまして、いつもブログを拝見しております。カリグラフィーを勉強したいと思ってます。たまたま私の書道の先生と同じ所にyayoさんの作品が展示されているのを知り、23日の朝東京都美術館に行き見てきました。初めてカリグラフィー作品をなまで見ました。とてもステキ、、、特に楽譜の赤い文字が気に入りました。もしかしたらお会い出来るかなと思いましたが残念、いつかお話を聞きたいな〜と思っております^−^。
posted by 林 | 2010/02/24 12:27 AM |
***** 林様 *****
今日、23日は11時過ぎから会場におりましたー!
お目にかかりたかったです。
携帯のつながらない会場ですので、外で友人と待ち合わせたりしていて・・・。
ザンネン!

楽譜の作品を気に入っていただけてうれしいです。
東洋の書道も見方を知りたいので、こちらこそいろいろ教えてくださいね。
よろしければ、HPのメールフォームよりご連絡下さいませ。
コチラのブログ上でも、いつでも大歓迎です☆
posted by yayo | 2010/02/24 12:43 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>